○○ちゃん@がんばらない
ゲームプレイ日記改め、ダラダラ生活日記


プロフィール

@タツアキ

Author:@タツアキ
完美世界(Perfect World)では、アルデ鯖にて色々やっておりました(過去形)。精霊・妖獣・暗殺。知り合いに呼ばれればINするかも、しないかも。
PSO2では、ship6にてチームに所属中幽霊部員。
最近、TERAに友人から誘われユリアンにて活動開始。
TERA引退(早
現在、新生FF14で活動中。鯖はAtomos。これも友人からの誘い。



日々のダラダラしたことを綴っていこうかと思います。
更新=生存or存在となるかと思いますが、だからといって自死する勇気はないので、知り合いの方ならスカかmixiメッセ頂ければ応答します。

最近、ゲームしなくなった代わりに、漫画や小説(主にラノベ)を読んでいることが多いです。その事も、少し書こうかな・・・。


妻を2年前に亡くし、子供とは故あって離れ離れで生活しています。早く、子供と一緒に生活出来るように、頑張るぞ!(タイトルががんばらないなのに、頑張るってどういうこっちゃ)
最近ハマっている事。陶芸。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



著作権情報

(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の出来事
ちょっと間が開いてしまった。

一応元気に生きています。

最近、よく思う事なのだが、嫁さんが生前に口癖のように言っていた事がある。
『人として、どう生きるか、常に考え続けないとダメだ』
この言葉は、嫁さんの性格と人生観を象徴する言葉だ。

飲食店の店員が食材も用いてふざけた行動を取ってみたり、ネットで顔が見えないからと言って誹謗中傷したり。

嫁さんが言っていた『人として』の『人』とは、言わば人間の誇りや尊厳という事。
これを忘れ、若しくは失った者は、もはや『人』とは言えない。

野生の動物でも、分を弁え、必要な分しか殺生はしない。

しかし、人間は、人間だけは他人を物理的・精神的に傷つけようとする。
私自身も嫁さんと出会うまでは、そうだったかもしれない。
それを思うと、嫁さんに出会う事が出来て、心底幸せだったと言える。
『人』として、生きる心構えを教えてもらった事になるのだから。


そういう意味でも、嫁さんは凄い『人』だったと言える。

よく、ネットのサイト登録等で秘密の合言葉で、
『尊敬する人は?』という質問が選択できる事があるが、
私は迷わず、嫁さんの名前を入れている。
嫁さんが居たときにも、本人を前にしても言っていた。
嫁さんは、照れて恩師の名前に変えてよと言っていたが、変えたことは一度もない。


『人として、どう生きるか、常に考え続けないとダメだ』
この言葉を考え続け、人としての道を踏み外さないように生きていく大切さを教えてもらった。
この言葉は、この先一生私が嫁さんの代わりに考え続けなければならない。
子供にも、孫にも伝えて教えて聞かせなければならない命題になった。



余談だが、学生時代に、選択科目で哲学を学んだ事がある。
その時に、特に感銘を受けた哲学者で、好きな言葉がある。
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインが書いた、
『論理哲学論考』
という本の中の言葉で
『語り得ぬものについては沈黙しなければならない』
という言葉がある。
何が好きかと言うと、私的な意見だがこの言葉には、嫁さんの残した言葉、
『人として、どう生きるか、常に考え続けないとダメだ』
に通じるところがあると思ったのだ。
『人として、どう生きるか、常に考え続けないとダメだ』の方が後で教えられた言葉ではあるが。

何故なら人として生きる事を放棄した者には、何を言っても通じないし言っても無駄なのだ。
それこそ、沈黙しなければならないということになる。
同じ土台に立っていないのだから。

人として生きるか、犬畜生にも劣る人以外の『何か』になるか。
常に考え続けなければならない。





スポンサーサイト

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

奥様、素敵な方ですね。
僕のかみさんもそうでした。

お互い、大切な妻と死別してしまいましたが、
尊敬に値する女性と共に暮らすことができた僕たちは、幸せなのかもしれませんね。

【2013/08/20 23:34】 URL | プーちゃん(とめちゃん) #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。