○○ちゃん@がんばらない
ゲームプレイ日記改め、ダラダラ生活日記


プロフィール

@タツアキ

Author:@タツアキ
完美世界(Perfect World)では、アルデ鯖にて色々やっておりました(過去形)。精霊・妖獣・暗殺。知り合いに呼ばれればINするかも、しないかも。
PSO2では、ship6にてチームに所属中幽霊部員。
最近、TERAに友人から誘われユリアンにて活動開始。
TERA引退(早
現在、新生FF14で活動中。鯖はAtomos。これも友人からの誘い。



日々のダラダラしたことを綴っていこうかと思います。
更新=生存or存在となるかと思いますが、だからといって自死する勇気はないので、知り合いの方ならスカかmixiメッセ頂ければ応答します。

最近、ゲームしなくなった代わりに、漫画や小説(主にラノベ)を読んでいることが多いです。その事も、少し書こうかな・・・。


妻を2年前に亡くし、子供とは故あって離れ離れで生活しています。早く、子供と一緒に生活出来るように、頑張るぞ!(タイトルががんばらないなのに、頑張るってどういうこっちゃ)
最近ハマっている事。陶芸。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



著作権情報

(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved



フリーエリア



フリーエリア



フリーエリア



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢の話(その11)
今日は、特に友人達と約束していたわけではなかったが、4時半に目が覚めた。

しかし、目覚めは最悪だった。

夢を見ていたようだった。
どんな夢だったかは、具体的には思い出せないのだが、ただ誰かが亡くなった事を聞かされて、それで嫁さんが死んだ時のことを夢の中で思い出して泣いていた。

そして、気が付いて目覚めたら泣いていた。


夢というのは脳内の記憶の整理と言うが、思い出したくない事を思い出すような整理は正直欲しくはない。


しかし、人間の機能として必要なことなのだろうとは思う。

夢を見ない人間は、ある意味、人間ではないかもしれない。



話は変わるが、半月ほど前にチビちゃんの居る施設の担当者から、私の両親がチビちゃんへ面会に来るとの話があった。

チビちゃん自身も、爺婆に会いたいとは常々言っていたので、私としては構わないのだが。

だが・・・、しかし。

何故か、私には連絡が無い・・・。

前の施設の時は、時折連絡が入っては面会をしていたようなのだが。

それをそのまま、新しく施設が変わったからといって、変える必要はないと思うのだが。

我が両親は、なんというか古き良き(悪い意味で)時代の人間で、昔ながらの考えをする人間なのだ。


当然、私もその環境で育ってきた訳なのだが、しかし。
私は、嫁さんと出会って、考え方が変わった。親曰く変わってしまった、らしい。しかも、悪く。

しかし、私は悪いとは思わない。
視点が変わっただけなのだ。

嫁さんの考え方、価値観に影響されたのは間違いない。嫁さんと会うまでは、きっと私自身も気付かない内に、
両親と同じような、行動を取っていた事だろう。

今なら分かるような気がする。

詳しく書くと、主観的な内容になってしまうので省く(既に主観ではある)が。

親の言いたいことは、分からない訳ではないのだが。だが、だからと言って受け入れることは出来ない。

昔は、親子が揃って行動するのが当たり前の世の中だっただろう。

しかし、時代は変わっていると思う。変わらないところもあるだろうが、少なくとも私の環境は昔とは違う。

現状を受け入れて、満足している訳ではないが、しかし、親に言われる筋合いは無いと思っている。
私自身(嫁さんと一緒に)が決めて、チビちゃんを施設に預けたのだから。

それを不幸だと決めつけて、勝手に哀れんで、自分達の都合と考えを押し付けるのは間違っているのではないだろうか?

しかし、それを言葉にして説明しても、両親、特に母親には伝わらないようだ。


まぁ、私自身の言葉も半分以上は悪いのだろう。

嫁さんが居たら、もっといい方法を提案してくれるが、今は居ない。
だから、これ以上、伝えられない。


分かり合えなくなったと取るのか。元々、分かり合えて無かったのか。
家族で血が繋がっていても、分かり合えている人も居て、家族仲が良好なところもあるだろう。

だが、私の両親との関係は相容れないのかもしれない。
分かり合えないのかもしれない。嫁さんとは分かり合えたのに。愛し合えたのに。


チビちゃんとは、そうならないようにしたいものだ。子供の考えを尊重し、聞いてあげられる親になりたい。

しかし、自分が出来なかった事が出来るのだろうか・・・と、いう不安はある。
だが、そこは信じてあげるしか無いだろうとも思う。

ついさっき、その事を母親に電話で話をしたのだが、全く伝わらず、泣いて言われた。

『○○(チビちゃんの名前)君が、寂しいだろうから、会いに行ってるのに!なんで分からないの??』

確かに、寂しいこともあるだろう。親として、手元で面倒を見てあげられていないと言う負い目ももちろんある。

だが、それでも、チビちゃんはチビちゃんなりに、施設で精一杯生活を送っているのだから、一方的に寂しいとか、不幸だとか決めつけるのはどうかと思うのだ。

確かに、不幸な子供も居るかもしれない。世間的に、虐待やらが横行している昨今だが。

だが、私や嫁さんはそういうつもりで施設にチビちゃんを預けたのではない。
そこが、わかっていない。
私の親からしたら、施設=可哀想な子供達が住む場所 と決まっているのだ。

確かに、昔はそうだったかもしれない。

しかし、今は違うと言わざるを得ない。親と一緒に暮らしていても虐待で亡くなる子供が後を絶たない中、
しっかりした免許を持った保育士や、行政の目がある中で暮らしているのだ。

管理され過ぎる、過保護過ぎるほどに、しっかりしていると思っている。

そこを全く理解せずに、自分達の考えだけで話をしているから、私は納得出来ないのだ。

考えるのも、憂鬱になる。
そういう偏った考えで、チビちゃんに接して欲しくは無い。

きっと、それのことも、母親には伝わらないだろう。
全て、裏返って伝わっている気がする。

今日は、デイケアでは穏やかに過ごせたのだが、母親との電話で一気に気分が下がってしまって疲れた。
両親と、良好な関係を築けている人達が羨ましく思う。

今日はここまで。





スポンサーサイト
テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

夢の話(その10)
今日も、今日とてデイケアには行けず。目覚めたら14時半だった。

今日は久々に、また夢を見ていたらしい。


夢の舞台は、どこか分からない街。

何故か、自分は軍隊っぽい迷彩服を着て作戦行動中(笑)
あと2人連れが居たのだが、どちらも名前が分からない・・・。
でも、何故か女の人だった。


ターゲットを目指して、潜伏している風な感じだったが。ターゲット自体が、何なのか全く分からない始末。


かなーり前だが、以前FPS(ファーストパーソン・シューティング)ゲームをやっていたから、すぐに視点はそれに切り替わっていた。

なんとも、夢なのだがゲーム感覚というところが、なんとも痛いところではある。

1人の上官っぽい女性が前方を指さしてターゲットを指示している。なんか、よくわからないオブジェクトっぽいモノ・・・。


舞台設定的に、近未来、異星人が侵略してきて、その相手拠点を破壊・・・ぽい雰囲気だった。

自分の階級は、特に指定されてるわけではなかったが、3人の中で一番下の感じではあった。


と、そうしているうちに突然、背後から変な物体が襲ってきたのだ。
しかも、4匹。見た目は、人型なのだが、なんとも気持ち悪い感じのドロドロしたヘドロっぽい人型でしかも、深緑色していた。夢の中とは言え、創造力豊かな物だ。

同僚の女性が、3匹を引き連れて走り回っていたら、1匹がこちらへ・・・!


隠密部隊のようで、ここで火器を使うと、周囲に気付かれて大軍寄ってくるかもしれないとのことで、武器は使えず。
走り回って惹きつける役として2人で逃げまわることになったのだ。

その後、私の方へやってきた1匹を引き連れていたのだけども、追い詰められてしまいやられる!と思った所で、
目が覚めた。

ゲームのやりすぎだな・・・。

といっても、FPSゲームはここ数年やっていなかったのだが・・・。

ただ、同僚の女性の顔は、どこかで見たことがある顔だったのだが・・・。誰だったか。
嫁さんではなかった・・・。(オイオイ

今日はここまで。





テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

夢の話(その9)
今日は、かなり気分が上がらない。昨日の疲れもあるのか。目が覚めたら12時過ぎだった。

昼ご飯を食べようと思うのだが全く食欲が出ない・・・。

何故かというと、また、夢を見ていたようなのだ。

詳細には覚えていないのだが、印象に残っている部分がある。


どんな夢かというと、忘れもしないあの時なのだ。

嫁さんが息を引き取った日。

場面が変わって、火葬場へ。


また見なくちゃいけないのか・・・?冷たくなった嫁さんの姿を・・・。
火葬場の人が、最後のお別れをしてくださいと言うと家族がゾロゾロと棺桶の方へ行くのだが、
私は、一歩も動けず、ただ涙を流すだけだった。

と、思ったら目が覚めた・・・。


最低だ。何故に、夢でまで、嫁さんの死ぬシーンを再現するのか・・・。
自分の脳味噌が恨めしい。

今日は、デイケアに行けなかったので、明日行くことにする。明日は、久々のカウンセリングも入っている。

色々話すことが多そうだ。

今日はここまで。






テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

夢の話(その8)
デイケアが休みだと、特にすることがなくて更新が止まってしまう。
家でしている事といえば、PCと睨めっこぐらいだ。(睨めっこしてる事を書けば・・・


今日は、またもや夢の話。
見た夢ね。


舞台は、何故か実家。
始まりからして憂鬱になりそうな、夢である。

しかし、更に悪夢は続く・・・。


何故だか知らないが、気でも振れたのか・・・、親父さんが仕事道具の塗料で
『ボディペイント』
なんかしちゃってたのだ!
しかも、部屋中塗料塗りたくって大変な状況に。
そんな所へ、僕ちゃん登場。
しかし、自分も身体中塗料まみれになって、塗料の臭さで吐き気を催すほどに・・・。
そのリアルな臭さが、未だに残っている。

その後、塗料を落とすために風呂へ行ったのだが、ここでもまたハプニング。
風呂へ入る直前に、誰からか電話があって(誰だか分からないが)、
謎の男『なんか、尋常じゃない量の下水が逆流してきてるから気をつけてな!!』
私『何の事だ??』
それだけ、言って切ってしまったのである。

その後、風呂に入っているのだが、塗料の臭気で吐きそうになりながら、洗い流していっていると、
突然、排水口から溢れてくるではないか・・・。
何が溢れてくるかというと。
肉・肉・肉
しかも、油の乗った鶏モモ肉

ご存知の方もいるかもしれないが、鶏モモ肉はとても油が乗っていて唐揚げなどにすると、とても美味しい。
しかし、油がたっぷり乗っているという事は、その分、ヌルヌルしていて手触りはあまりよろしくない。
そんな『物体』が、浴室の床を埋め尽くすくらい排水口から逆流してくるのを想像して欲しい。

肉は、パック詰めにされて値札が貼ってあるから、普通に見えるのであって、
それが、『排水口』から『大量』に溢れてくるのを見たら、はっきり言って気持悪いとしか言いようがない。

そこで、とうとう我慢出来ずに嘔吐しそうになったところで、目が覚めた。

起き抜けに嘔吐しそうになったわ!

それで、この時間まで寝てしまった。寝覚めは悪いは、寝過ぎだわで最悪だ。

そんな、夢の話。今日はここまで。






テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

夢の話(その7)回想
昨日の今日で、2日続けて夢を見る事が今まであったかどうか。


昨日の夢に比べたら、さほど悪い夢ではなかったが、意味はいまいちよく分からない。


何故か、どことも知れない道を自転車で全力で走っているのだ。
ただ、独りで走ってるのではなかった。隣に、もうずっと前に亡くなった祖父が一緒に自転車で走っていたのだ。
足腰が悪かった祖父が、何故一緒に自転車で走っていたのか、謎のままだ。

よく分からない夢だったが、起きた時すごく疲れた感じで身体が重かった。

今日は、デイケアの日で朝7時に目覚めたのだが、上記の通り身体が重く起きれず。
結局、起き出したのは9時前だった。身支度をして、すぐ家を出た。


今、読んでいる本がそろそろ佳境に差し掛かってきた。
全6巻の今、5巻目なのである。
次に読む本を、予約をしなければ・・・、何にしようか。
途中で止まってる本の続きを読もうか・・・。

最近、料理を作るのもパターン化してきているな・・・、と思っていたので。
スーパーで魚売り場をウロウロしていたら。
今は、調味済み魚というものが売られているようだ。
オリーブオイル漬けや、照り焼きタレ漬け等々。
焼くだけですぐ食べれるみたいなので、お手軽そうなので買ってみた。
今日は、ブリのオリーブオイル焼きを食べてみようと思う。

今日は、ここまで。






テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。